スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米防衛相 中国海軍監視で協力(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】北沢俊美防衛相とゲーツ米国防長官は25日午後(日本時間26日未明)の会談で、東シナ海を中心に活発化する中国海軍の動向について協議、日米両国が協力して監視活動を行っていくことで一致した。

 北沢氏は「日本近海で中国海軍の活動が活発化している。海上自衛隊護衛艦に対して、ヘリコプターが近接飛行するなど偶発的な事案が発生する危険性がある。日米で情報を分析し協力したい」と提案した。

 これに対し、ゲーツ長官は「中国軍の動向の警戒と監視を含めて日本側と協力したい」と応じ、警戒監視活動を協力して行うことに賛意を示した。

 北沢氏が中国海軍の活動状況について米側の協力を求めたのは、中国が日本列島から沖縄、台湾をつなぐ「第1列島線」と呼ぶライン内での影響力確保を目指し、大規模な軍事演習を行ったことに対する重大な懸念がある。

 こうした問題は、米軍普天間飛行場移設問題で鳩山政権が迷走した分、日米間のハイレベルでの情報交換が滞る一因になったとされ、米国との政治レベルでの緊密協議が喫緊の課題となっていた。

 中国海軍は第1列島線を越え、日本列島からグアム、インドネシアと「第2列島線」に及ぶ範囲に活動を広げ、米海軍の動きを封じ込める中長期の戦略を描いているとされる。

 両氏はまた、6月にシンガポールで行われる防衛首脳会議を利用して、日米韓3カ国による防衛相会談を行う方向で一致。必要に応じて電話会談を行っていくことでも合意した。

テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
重文の掛川城御殿に傷=建造物損壊容疑で捜査―静岡県警(時事通信)
アムールトラ 障害抱える「ココア」満2歳の誕生会 釧路(毎日新聞)
救急医療管理加算の施設基準の届け出で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターのぶつぐながとも

Author:ミスターのぶつぐながとも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。